40代だからこそ!お金と時間と労力で人と差が付く

40代美オーラ女子のよぷこです!

もう40代?いえいえまだまだ40代!そんな気持ちで驀進中です。

同じ40代でもこの違い?個体差は開く一方です

同窓会って行ったりしますか?

40代の同窓会ともなると・・・まあいろいろになりますよね。

先生と同年代に見える男子。すっかりお母ちゃんになった女子。メガネっ子だったのにえらく垢抜けて、年より若く見える女子。年より老けては見えるけど、なんか味の出てきた男子。

いい悪いではありません。それぞれの個性と個体差です。

もって生まれたDNAで加齢のスピードも違うし、生活スタイルで体型も変わります。それぞれ、今の生活に合った外見になるということです。

それは、一朝一夕では変えられません。

「40代は顔に責任を持て」ってそういうことかもしれませんね。

「みんな年取ってるからいいや」のマインド

悪魔のささやき。

「みんな年取ったらこんなもん」

「子供産んだらこんなもん」

なにもしなくてもそれなりに保てた20代、30代とは明らかに違ってくる40代。もういいわってなる気持ち、よーーくわかります。

もういいやってなったとたん、ちょっとしたケアすら横着になるのが人間。何も、美容外科で注射打ったりプライベートジムに行ったり大きなハードルのことまでしなくていいんです。お家でできるケアを続けることです。

特に差が付くのは普段見えない部分

若い時なら丁寧にケアしていた部分、40代になっても変わらずケアできていますか?
夏でもないのに、水着も着ないのに、っておざなりになっていませんか。

私は、いつでも水着になれるようにしていたいんです。

川島なお美さんが、「将来脱ぐことはなくても脱げるようにしていたい」と言っていたのと似てる?(ちょっと違う)

堂々と水着になるなら、これは絶対に大切です。

水着にならなくても、ノースリーブの季節にはこちらも大切ですね。

大切なのは、見てみぬふりをしないこと

40代にもなると、急に取ってつけたような美容法がなかなか難しいです。
もちろん、同窓会や結婚式に照準を合わせて当日キレイになるように持っていくことはできます。

が、ちょっと疑問なんです。

普段はどうでもいいの?

未来に向かって生きている以上、今が一番若いんです。

その瞬間瞬間を、「誰にも見られていないから」で適当にしていたら、それはあまりにも自分がかわいそう。

逆に、誰にも見られていない部分、誰にも会わない日でも、
自分だけが知っている自分のきれいな部分を感じて生きていると、不思議なんですがどんどん人ってきれいになっていくんです。自己肯定って大事なんですね。

そうやって普段を過ごしていると、きれいになる方法やグッズにもかなり敏感になりますし、そうやってお金も手間もかけていることが何より自分を満たすし、満たされるとよりきれいになるし・・・の好循環にはまります。

このはまるっていう感覚を感じてほしいです。

即効性のあることをまず一つ始める

今まで何もやっていなかったのに、
「じゃあ今日から脇も、歯のホワイトニングも、ダイエットも!」っていうのも、気合はわかるんですが続けられるか疑問ですね。

ちょっとしたことでいいんです。

自分が、見てみぬふりをしていたことの中から一つだけ。

心配しなくても、見てみぬふりしていない人なんていません。みんなそうやってごまかしてきて部分があるんです。
それを認められたら、一抜けできます

例えば私は、なんとなく自分の髪のうねりをほったらかしにしていました。

で髪のうねりって、やっぱり老けて見えます。
どんなにスタイル良くても、若見せのファッションをしていても、髪の質感ですぐに気づきますよね、人のこと。

ってことは、自分もそう見られているんだなと。

だから、まず、髪のつやを取り戻そうと思いました。
それ用のケアを使えば、すぐに取り戻せました。
他の悩み(シミ、しわ)とかよりも即効性がありました。

「なんだ、ちゃんとケアしたらきれいになるじゃない」

そう思いました。これで、成功体験ができました。

そうやって、ちょっとずつやってみてできたことを増やしていっています。

ちゃんときれいに慣れた成功事例が自分にあれば、見てみぬふりをしていたシミも「もしかしら消えるんじゃ?」という期待に変わります。

そうやって、ゲームを攻略するみたいにアンチエイジングを楽しんでいけたら一番ですね・・・!