妊娠中の体重コントロール実経験

2018年9月21日

40代美オーラ女子のよぷこです!

妊娠中の体重コントロール実経験

私は20代後半に、2回出産しています。

もう10年以上前のことですが、この時からすでに、体重制限はすごく厳しく言われていました。妊娠発覚から出産直前まで体重は+5キロまで!でした。過酷でした。

妊娠発覚~妊娠4か月

私にはいわゆる「つわり」がありませんでした。
なので、この時期につわりで体重が減る人もいる中、自分だけ正味の体重のままスタート。
47キロでした。
もちろん、妊娠初期は赤ちゃんもすごく小さいし、胎盤も出来上がってないしで、そんなに体重管理は大変ではなかったです。
自転車に乗っていたのをやめましたが、体重はプラスマイナス0のまま安定期へ~

妊娠4か月~7カ月

この頃も、割と順調です。食欲がアップダウンすることもなく、(つわりがないので反動もない、淡々としたもんでした)胎動を感じる頃に、体重は1キロ増。許容範囲です。なんや、楽勝やん、と思ってたらたら過ごしています。体重は、7カ月までで2,5キロ増!かなり満足していました。

ところが・・・

妊娠7か月~9カ月

妊婦検診は、だいたい4週間に一回か2週間に一回でした。4週間に1キロ増までにとどめましょう、と言われて、割とすんなりいっていたのが、7カ月過ぎてから、どうしても1キロ以上増えてしまう。かなり食を控えても、空気でも水でも太るんちゃうか?ってくらい、食べてない割に増える体重に焦り始めます
本当はやってはいけないかもしれないのですが、検診前はほぼ絶食。ボクサーです。母子手帳に体重は記録されるので、ここは絶対に死守する!と見えない何かと戦っていました。ぽっちゃりした看護婦さんに「1キロ増えたね、何食べたん?」と聞かれてげんなりしたことも。。

ちなみに、こむら返りが出やすいこの頃。妊娠初期に久保田おばあちゃんの本を読んで感銘を受けていたので、かしこく補う葉酸サプリ【NOCOR葉酸+DHA/EPAサプリ】をずっと買って飲んでいました。ミネラル不足が原因でこむら返りになるらしいですが、これを飲んでいたからか、プレママたちがこむら返りする中、特に困った記憶がありません。
葉酸サプリとかもし摂るなら、あれこれせずともこれだけで十分だと思いました。サプリメントに頼るのも良くないと思いつつ、食事制限して体重キープしている時期でもあったので、せめてこれで栄養を…と思っていました。 

体重は9カ月で4,2キロ増!

そして・・・臨月

「そして・・・神戸」みたいなタイトルになってしまいました。

臨月になると、1週間に1回の検診です。「歩け歩け」と言われます。なので、バスで言っていた病院まで歩いたりしていました。近道をしようとしてあぜ道を歩いたり、かなり怪しい妊婦です。しかし、体重は増えます。どうやら、水分?羊水?だそうです。でも、早く生まれればいいってもんでもない。赤ちゃんのもって生まれたタイミングってもんがあります。体重はこの時期のマックスで5,2キロ増。この0,2キロ・・・これをどう思うか。食欲は普通にあります。普通に食べていたら、鬼の首を取ったかのように体重が増えます。(変な表現ですが、ほんとにそんな感じでした)なので、少なくして、カロリーも計算して、青汁飲んで・・・青汁も、よくよく見るといろいろ入っていてカロリーが高いものってたくさんあります。当時、糖質制限を知らなかった私にとって、見るところはただひとつ。カロリー。たまに塩分。

ケールの青汁も頑張って飲んでいましたが、どうしても、どうしてもあの風味がダメでした。私にとっては、食欲がなくなる風味。なので、それはそれで、食欲を押さえるのに一役買っていた?!

やわたの本青汁が、1本7,7キロカロリーで、もし5本飲んでも40キロカロリーくらい!これでいこ!と暴挙に出たのが臨月。私はお湯で溶いて、ゆっくり飲むのが好きでした。暖かくて落ち着く(臨月が寒い時期だったので)し、満腹感も得られるし、割とおいしいんです。で、おいしいな、もっと飲みたいなと思っても、「もっと飲んだって大丈夫だもんね」の安心感が一番良かったですね。日本茶代わりに飲んでいました。かなり精神的に安定しました。この青汁を、もっと妊娠初期から始めといたらよかったなと思います。(妊娠初期ってどうしても赤ちゃんのためのサプリにばかり目がいってしまうもんですね・・・)

で、何とか、何とか、臨月で体重は4,9キロ増。なんとか5キロを死守。ちょっと水飲んだらすぐ超えてしまう、吹けば飛ぶような微差ですが、何とか目標を達成しました。

出産後。体重計に乗ってみると・・・!

無事に普通分娩で娘を出産し、娘は3184グラムと今日日の赤ちゃんでは割と大きい方でした。

で、悪露など出る中、出産後5日目に、病院の面会室の片隅にある体重計に乗ってみると・・・

嘘のようですが。。。47キロ!

赤ちゃん3キロ、胎盤500グラム、羊水1キロ?ざっくりですがこんな感じだったそうです。

で、産後母乳をあげたりしながら、病院食を普通に食べて(母乳をあげるためか、結構ボリュームあるんです)、きれいに元の木阿弥、元通りに戻っていました。

おなかはぺったんこでしわしわ。でも、妊娠線ができませんでした。妊娠線も、やっぱり体重が急に増えたりすると、その増えに表皮が追い付かなくてできてしまうそうです。だから、妊娠線のクリームとかも必要なし。産後のガードルもしませんでした。

体重+5キロまでを守るのは他でもない自分のため

特に中期から臨月、なんで勝手に体重増えるの?と吠えたこともありました。食べてないのに増えるたときの徒労たるや・・・今も覚えています。

でも、いろんなサプリや青汁のおかげでなんとか乗り切れました。運動でなかなか体重を減らせないのが妊婦。こうなると、いやでも食べ物で操作するしかないんですよね。でも、体重はプラス5キロまで!という厳しい制限には、後々母体が楽に過ごせるために言っていることでもあったかもしれません。

赤ちゃんには必要な栄養を優先していくようにできているんだなと実感。だから、栄養面できちんとしていれば、カロリー面では「少ないんじゃないか」と心配することはないと思います。母体から脂肪が減っていくだけですから。

何より、出産後にすっかり体重がチャラになっているこの爽快感!

病院の体重計の上で味わった爽快感です。

でも、この頃糖質制限を知っていたら、もう少し楽に過ごせたのかな、とも思います。20代だからカロリー一辺倒で何とか乗り切りましたが、これに糖質制限を取り入れていたら、もっと食べられるものの種類もひろがっていたかも・・・と思います。

何はともあれ、私の妊娠から出産までの体重コントロールでした・・・!!